家計管理・節約

11月の予算と管理方法

10月も残すところあと数日となりました。

ので、来月の予算を立てました!

旦那の手取り収入=予算 となってるので、予算は全部で24万円。

これを振り分けていきますね!

予算振り分け

先取り貯金 2万円

子供の通帳に1万円ずつ振り込みます。

学資保険をやめた代わりに、毎月同額を振り込んでいます。

固定費 9万円

光熱費 3.0
学校徴収費 2.0
通信費 1.1
車関係 1.5
保険 0.4
サブスク 0.2
習い事 0.8

※社宅住まいなので、住宅費は給料より天引きされています

医療費 1万円

健康第一なので、あくまでも目安の金額であり、節約はしません。

食品・日用品費 4万円

私の担当。

お菓子やジュースなどの嗜好品・贅沢品はここには含みません。

10月に、乾物など日持ちのする食材を使い果たしてしまったので、11月の予算は10月より1万円多くしました。

が、それでも予算内で収まるかちょっと心配です💦

他すべて 8万円+2万円

旦那の担当。

家族全員の食品・日用品・医療費以外のお買い物は全てこの中から捻出することになります。

お菓子やジュースなどの嗜好品・外食・レジャーなどもここに含みます。

また、家族全員のお小遣いも含まれています。

8万円の予算の予定でしたが、旦那が2万円分の商品券を頂いてきたので、その分も合わせて合計10万円となりました。

(おそらく商品券の2万円分は旦那の追加お小遣いとして消えてゆきます・・・)

旦那のお小遣い額について

おおまかな予算については以上なのですが、旦那のお小遣いについてお話しておきます。

旦那のお小遣い、今までは金額を決めていたのですが、来月からは旦那の管理する金額(8.5万円)の範囲内であれば、自由にしてくれてOKということにしてみます。

とは言っても、自由に使って欲しいためにそうしたわけではなく、家計管理の大変さ、節約の大切さを旦那にも理解してもらいたいという思いから、こういうシステムにしてみました。

自分のお小遣いを増やすと家計が厳しくなる。

逆にお小遣いを減らすと自分が厳しくなる。

結局家計を平安に保つには、どちらも節約するしかない、というカラクリ。

使うとこはドーンと使って、ガマンすべきときにはキッチリ財布の紐を締める。

バランス感覚がとっても重要になってきます。

果たして旦那の節約スキル・金銭感覚は・・・!?

今月の出費予定

  • 書道の進級試験代 0.6万円
  • 息子のスポーツチームの家族で集まりバーベキュー 1.0万円(予想)
  • インプラントのメンテ 0.6万円(予想)
  • 被服費 2.5万円(旦那トレシュー、息子サッカー用品、娘アウター)

結構大きな出費がある月となりそうです。

無事に予算内に収まりますように・・・

-家計管理・節約
-, , , , , ,